ただのブログ

ナカガイクライミングジム、その他いろいろ
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SEARCH
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 日記、自分のこと | main | 日記 >>
晴天、御在所

 木曜日、御在所。

 

 前回、来たときはアプローチの途中から見えた中尾根を、ねてるなーと思ったのですが、今回は違いました。

 内容を知ってしまってるからか、(今回も「ねてるなー」って入りたかったんですけど、)脳みそがあるせいか、経験上、視覚から感じるものが違うみたいです。(写真を見ると、ねてるんですけどね…)

 

 日にちが決まってからは、前回と同じピッチも、やさしかったわけじゃなくて、1回目ミラクルで登れたんじゃないか、と。未知のピッチがどうかというのと、またあそこを登れるのかと不安も出てきました。

 

 想像した通り、そんなにやさしくこなせるわけではなく、ライン取りも間違ってしまって、ダメダメ。落ちたらと思うと、弱点ラインはこっちだと分ってても、めっちゃこわい。(フォローなんですけど。)

 前回と違うところでピッチを切ってる(つなげていってる)のだけど、そんなちょっとしたことで、怖さ倍増。長いランナーでクリップして行っちゃったなーと、ビレーしてる(見てる)ときには、思いもしなかったことが、現場に行ったらわかる…

 

 今回はじめてのクラックのパートは、どうにも上がらない。

 2、3メートル?テーピングはいらない(我慢できる)だろう、と考えたのも甘かった。(この粗い粒子をスラブにつけてほしいわ)

 スラブ面にどうにか上げてもらったら、クラックが続いているのが見えて一瞬喜ぶ。(ホールド、スタンスあるやん!)

 けど、現実は動きもメンタルもスラブやった。(なんで?)

 

 このピッチの最後は、このクラックからトラバースでさよならするのですが、世界の果てまで…イモトの切れる気持がわかりました。(そりゃ、キレるわ)

 でも、ここが一番おもしろかった。こわいー、や、やばい…セ、セー、フぅ〜、みたいな。

 その後のスラブは、ほんとに手も足もでない…

 もうぐいぐい行けるのかと思ったら、たんす持ち上げたり…

 盛り沢山でした。

 

 童心にかえるような、10数年前おもしろいと思ったものが、今もあるってわかってうれしいです。

| tadah | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









url: http://tadaburogu.nakagaiclimbing.jp/trackback/1434386